デジタル版画は、写真や絵画、ドローイングなどの画像をパソコンに取り込み、画像編集ソフトなどを使って編集し、プリンターで出力したアート作品です。

 

 木版画などには、「版」という物が目に見える状態で存在しますが、デジタル版画の「版」はパソコンの中に「レイヤー」という名称で存在しています。複雑な作品の場合、数十枚のレイヤーが存在します。これらは色や形を自由に変更することが可能です。また、レイヤーの順番を入れ替えることや、追加・削除が容易に出来ますので、既成の版画とはひと味違った作品表現が可能になると思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

What is digital printmaking?

Digital prints are artworks that take pictures, paintings, drawings and other images into a personal computer, edit them using image editing software, etc., and output them on a printer.
In woodcut prints, etc., there is a thing called "version" in a visible state, but the "version" of the digital print exists in the name of "layer" in the personal computer. There are dozens of layers for complicated works. These can change color and shape freely. In addition, because it is possible to change the order of layers, and to add and delete easily, it seems possible to represent works that are slightly different from existing prints.

 

 

◆展覧会開催のご案内◆

 

デジタル版画展

—版からの解放・版からの展開—

2018年8月3日〜8日、18日〜22日

O美術館で開催します

http://www.d-hanga.jp/